ビジネスの成長を一気に加速するために必要なことは、大きな夢を描くこと。

あなたは
ぶっ飛んだ大きな夢を
描けていますか?

 

 

野球で有名なイチロー選手は、

 

 

毎日素振りをしていたら
あの子本気でプロを
目指しているのかしら?

 

 

と笑われていました。

 

 

プロになってからも
打率や最多安打のタイトルを
取ると言ったら笑われて

 

 

メジャーを目指すと言ったら
笑われて

 

 

メジャーでタイトルを取ると言ったら
また笑われて・・・

 

 

それでも
まわりが笑っていたことを
ことごとく現実にしてきました。

 

 

今年、二刀流で大活躍した大谷選手も
高校の時から甲子園優勝ではなくて
メジャーを口にしていましたね。

 

 

阪神の藤浪選手は高校の時は
大谷選手と同じぐらい注目されていたけど、
今ではかなり差が開いてしまいました。

(阪神ファンの方ごめんなさい)

 

 

甲子園で負けて泣く選手は
大成しないと言われているけど、

 

 

もっともっと遥か先を目指していて
すぐに次に切り替えているから
大谷選手もダルビッシュ投手も
田中まーくんも泣かなかったのでしょう。

 

 

わたしの場合
よく講習に一緒に行っていた美容師仲間から
薄毛改善の研究を始めたときに
後ろ指を刺されて笑われていました。

 

 

もちろん大きなリスクがあったし
途中で何回も諦めようと想ったけど、

 

 

それでも諦めなかったから
お客さまに感動を手渡せるようになれた。

 

 

愛娘にも大きな夢を追いかける
そんな大人に成長してほしい。

20211011インスタ.PNG

 

だからパパは、
君がそんな大人になれるように
背中を魅せていきます。

 

 

先月比10%、20%の売上増
のちっさい目標を目指すのではなくて、

 

 

5倍10倍のぶっ飛んだ目標を
狙ってくださいね。

 

 

そうすることで
新しいアイデアがでてきますよ

(^_−)−☆